ー セラピストになったきっかけは?生い立ちなどを聞かせてください。

小さい頃から読書や文章を書くことが好きで、今でも自分の思いを詩にしたりしています。ですのでインスピレーションを枯渇させない為に、たくさんの人に出会い、色々な世界や考え方を知って、自分自身も様々な経験を積もうと思い、今までどちらかと言うと好奇心の赴くままに生きてきました。
まず、学生時代はずっとサービス業のアルバイトをしていました。接客業には向いているらしく、そちらの道に進もうとも考えましたが、OLを経験してみたいという思いから、卒業後は不動産業に就職しました。事務職からはじまり営業職に就いてからは多忙でストレスが多く、心に余裕の持てない日々を送っていました。そのうちに、もっと自分を活かせる仕事があるのではないか?私にとって本当に有意義な仕事ってなんだろう?私にできる事ってなんだろう?という考えや思いが募っていき、思いきって退職して自分の生活や人生を見つめなおす時間を持つことに決めました。そしてある時、職業訓練校のアロマセラピスト講座というものに出会い「これだ!」と思い立って面接を受けてみたところ、無事に合格した事がアロマセラピストを志すきっかけとなりました。

ー 癒しの仕事に興味を持ち、アロマセラピスト講座に「これだ!」と思ったのは何故でしょう?

もともと人の話を聞くのが好きで、カウンセラーなどにも興味があったんです。
今まで仕事やプライベートで様々な人と出会い、悩みなどを聞いているうちに、そんな方々に対して私なりに何か出来ないかと考えていた事もきっかけですね。
アロマセラピスト講座に関しては、楽しそうだな~って純粋に思えた事と、何より直感で、まずはやってみないと!と思えた事が大きいです。私自身も仕事で疲れた時や癒されたいと思った時はアロマトリートメントを受けに行き天然の精油を使うアロマテラピーの効果を実感していましたので、一番ピン!!ときたのかもしれませんね。
また、私が学んだアロマセラピスト講座は、日本アロマ環境協会のアロマセラピスト資格まで取得できる内容のものでしたので、その後の就職や将来自分のサロンを展開する事などを考えた時、資格があれば安心だなという思いもありました。

ー その後、現サロンで働くようになったきっかけは?

一言で、面接で三浦オーナーのことが好きになったからですね。資格を取得した後に色々なサロンに足を運びましたが、ここに勤めたいと思えるサロンとの出会いがありませんでした。そんな中プレサンティールの求人を見て、どの様な人が働いているのだろう?と興味を持ち面接を受けたのですが、その時の三浦オーナーとの面接でビビビときました(笑)
三浦オーナーの第一印象は、本当に可愛らしい女性というものでした。こんなに可愛らしい女性がオーナーなの?といった印象で、想像していた人と違い、良い意味でのギャップに驚きましたね。全く偉ぶる事もなく、自分と同じ目線でいてくれるので、頑張れば私にも出来るかも知れないって気持ちにさせてくれました。三浦オーナーのブログも事前に読ませて頂いていたので、それも安心に繋がったのかなとも思います。
また、何よりプレサンティールは会社としてきちんと運営しているので、安心して働ける職場だと思いました。

ー 男性施術を学ぼうと思ったきっかけは?

女性だけでなく男性の施術もできるようになれば、技術だけでなく人間としての幅が広がると思ったからです。

ー 現サロンで成長したことは何ですか?

大前提としてプレサンティールは完全プライベートサロンなので、接客は全て自分一人で行います。最初は不安もありましたが、全て任せてもらえる事によって、セラピストとしての責任感を早いうちに持てるようになりました。
また、日々お客様と色々なお話することで様々な世界や知識を学ぶ事ができ、人間的にも成長させて頂いております。
施術の面では、男性のお客様を担当する事により、力強い施術ができるようになりました。また、女性らしい立ち振舞なども意識をする様になりましたね。


ー 施術の時に心がけていることはありますか?

力強さとやさしさが共存する、愛情を込めた施術を心がけています。
具体的には、お客様との会話の中でその日の気分や体調を把握し、更にお客様に触れながら自分の感性で施術に抑揚を付けていきます。理想は、全体的にはゆったりとしていながら、時には情熱的に、時には優しく、常に愛情を持ったきめ細やかでドラマティックな施術を目指しています。

ー セラピストとしてのポリシーをお聞かせください

施術の時間はお客様の心に常に寄り添う気持ちでいたいと思います。お客様との会話では、共感したり、同調することも大切だと考えています。お客様に自分の家の様に居心地がいいな~と思って頂きたいので、自分自身もなるべくリラックスして自然な状態でいるようにしています。そのためにも健康管理には十分気をつけています。
やはり自分が疲れていると施術にも影響が出てしまうので、自分が一番良いコンディションで、充実した施術を行う事を心がけています。

ー セラピストをしていて印象的なエピソードはありますか?

エピソードはたくさんありますが、お客様がお帰りの際に、リラックスした笑顔を見せてくれた時が何よりも嬉しいですね。
自分が施術した事によって、お客様のお役に立ち、力になれたという実感が持てます。
「とても気持ち良かったです」「楽になりました」「また来ます」というお客様からのお言葉は本当に励みになりますね。
また、お客様の身体に直接触れてトリートメントさせて頂いているうちに、自分自身もどんどん癒されていきます。人に触れる事が好きなので、私もお客様にエネルギーを頂いています。本当にやりがいのある素晴らしいお仕事です。

ー 吉永さんから見たサロンの特徴はなんですか?

何より完全個室のプライベートサロンです。接客はすべてマンツーマンなので、お客様もセラピストもリラックスできる空間で過ごせます。三浦オーナーの教えを忠実に、男性のお客様にも満足して頂けるようなダイナミックで力強い施術も特徴だと思います。

ー サロンの人気の秘訣はなんだと思いますか?

三浦オーナーのきちんとした研修によって、セラピスト全員のモチベーションが高いこと、そしてみんな性格が良い!(笑)
そんなところが、顧客の皆様が安心して長く足を運んでくださっている秘訣ではないかと思います。
まず、三浦オーナー自身がモチベーションが高く、スタッフに対しても本当にいつも優しくて、みんなのお手本になっているのだと思います。

ー ちなみに吉永さんをリピートする理由は何だと思いますか?

自分の家にいる様な居心地が良い空間を作る事によって、また一緒にこの時間を過ごしたいなと思って頂いた方に、リピートして頂けているのかも知れませんね。

ー サロン運営に関しては吉永さん自身が何か関わった所はありますか?

キャンペーン内容を写真立てに入れて、お客様がわかりやすいようにお茶を飲むテーブル上に置いてみてはどうかと三浦オーナーに提案したところ、すぐに取り入れてもらえました。それを見たお客様がご予約を入れてくださった時はとっても嬉しかったですね。


ー セラピストとしてスタッフとして今後の展望をお聞かせください。

一人のセラピストとして、より成長できるように日々努力し、初心を忘れずに一生懸命がんばっていきたいと思います。また、人間的にも、もっと成長し、より深い愛情を持って人と接する事が出来るようになれると良いですね。
そしてプレサンティールがより良いサロンになり、お客様に更に満足して頂けるように、スタッフみんなで試行錯誤していきたいと思います。
また、プレサンティールのスタッフとして様々な経験を積ませて頂いていますが、この度日本アロマメンズエステティックアカデミーのアロマテラピー検定対策講座の講師を勤めさせて頂く事になりましたので、今後は講師としても張り切って頑張りたいです。

ー セラピストとしてだけでなく講師として活躍されるんですね

今までインストラクターの資格を活かせる場が無かったので、本当に良い経験の場を与えて頂けたと思っています。普通にサロンに勤めていて、このような新たな経験の場を与えて頂ける事は滅多に無いと思うんです。
今後、もし結婚や妊娠などをして、体力的に厳しい状態になっても、講師として活躍する事が出来るので、このような機会を与えてくれたプレサンティールには本当に感謝しています。教えると言う立場になりますが、こちらも生徒さん達と共感し愛情を持った講義を行えたら良いですね。

ー 業務以外でオーナー様や他のスタッフとはどのような交流がありますか?

三浦オーナーが懇親会ということで食事やショーに連れて行ってくれたり、スタッフがやっているバンドやダンスショーを観に行ったりしています。
個別でも三浦オーナーやスタッフと数人で飲みに行ったり、お泊まり会なんかもしたり(笑)
みんなとっても仲が良いです。そういう環境を三浦オーナーが作ってくれているからこそ、日々充実して働く事ができています。

ー プライベートでは良く何をしますか?

休日は読書をしたり、録画したドラマを観たり、お友達や家族と食事に行ったりしています。おいしい食事とお酒を楽しみながら、ゆっくりといろんなおしゃべりをする時間が大好きですね。
また、習い事として英会話とバイオリンをやっています。子供の頃から海外が好きで、とりわけてヨーロッパ、特にフランスが一番好きですね。パリの町並み、フランス語の響きも好きです。小さい頃に行ったんですけど、海外には想像の世界が現実にあるんだ!!と感じました。英語はなかなか上達していませんが、英語自体に触れている時間が楽しいです。機会があったらフランス語にも挑戦したいですね。
バイオリンは自分の好きな曲を演奏している時が楽しいですね。こちらも上達したいというよりも、触れている事が楽しいです。好奇心の赴くままに色々やっていますね(笑)
そして、1年に1度は少し長いお休みを頂いて旅行に行きます。自分自身がベストな状態でお客様と接する為にも、上手にリフレッシュしていく事が大切だと思っています。
それから、セラピストの他に詩人という顔を持っています。自称詩人です(笑)
イラストレーターの友人の提案で、イラストと詩を一つにした作品を制作して展示会を何度か開きました。

ー 詩人として展示会を開催してみていかがでしたか?

恋や愛など色んなテーマを詩にして、その後にイラストを描いて貰うんですが、最初は自分の詩を発表する事がとても恥ずかしかったですね。そんな中、足を運んでくれた方たちから「この気持ちわかる!」「あの時の事を思い出した~!」等、色々と自分の事を話してくれて、嬉しかったですし、共感って素晴らしいなぁと思いましたね。
自分の気持ちをわかってくれたり、共感できる事があったりすると、楽しくなるし癒されるんですね。普段からこの方はどういう風に生活をしているんだろう?とか、どう思っているんだろう?等、想像力を働かせて人と話すようにしています。日々お客様といろいろ想像しながらお話するのもとっても楽しいです。

ー 最後に来店される方及びこのぺージをご覧の方へメッセージをお願いします。

お疲れの時、リラックスされたい時、おしゃべりしたい時、都会の喧騒から少し離れたい時、是非プレサンティールでお待ちしております。
どんな時でも満足して頂けるように一生懸命頑張ります。


ー あなたから見たオーナー様とはどんな方ですか?

オーナーはどんなときも前向きで、決断もすごく速くて、パワフルな方です。
それでいて女性らしい気づかいと、かわいらしさと、みんなを元気にする底抜けの明るさを持っているスーパーウーマンです。
そして本当にやさしい方です。個人的に悩みがあったときオーナーが深夜まで電話で話を聞いてくれたことがありました。そのときは本当に心が楽になりました。
私は何よりオーナーの笑顔が大好きです。話していると楽しくていつまでも一緒にいたくなってしまいます。おそらくお客様も他のスタッフも同じ気持ちになるのではないかな~と思います。

ー オーナー様から学んだことは何ですか?

マッサージの楽しさと芸術性を学びました。
研修でオーナーに指導していただいたときに、抑揚だったりドラマティックなマッサージはこんなに楽しく芸術的なものなんだ!と感動しました。
女性らしい気づかいも日々見習うことがたくさんあります。

ー オーナー様へ一言お願いします。

いつもありがとうございます。
いつまでも強くてやさしい素敵な女性でいてください。
そしてお体を大切にしてください!(ちょっと働き過ぎなのが心配です…)

サロンインフォメーション



日本橋店
東京都中央区日本橋1-2-16 ブルーマーク83 301,401号室
03-3272-1826

東銀座店
東京都中央区築地1-12-16 プレミアム銀座イースト 701、702号室
03-6228-4012

麻布十番店
東京都港区南麻布1-5-4 NKCビルディング 801号室
03-6435-1891

渋谷店
東京都渋谷区渋谷1丁目22-2 グラフィオ渋谷 701号室
03-6419-7677

お電話でのご予約・お問い合わせ
(受付時間 11:00~20:30)

※施術中は電話に出る事が出来ません。
ご予約は“ 予約フォーム ”にてお願い致します。
ご不明な点などがございましたらお気軽にお問い合わせください。

ホームページ URL/ http://pressentir.jp/